ルビンシュタイン・テイビ症候群(指定難病102)

ルビンシュタイン・テイビ症候群(指定難病102)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ルビンシュタイン・テイビ症候群(るびんしゅたいんていびしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号102の、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群に分類された疾患です。

ルビンシュタイン・テイビ症候群の特徴と概要

生まれつき、幅広い拇指趾や精神運動発達遅滞、特徴的なお顔立ちなどを主症状とし、全身の様々な臓器に合併症を有する先天異常症候群の1つです。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

ルビンシュタイン・テイビ症候群(指定難病102)