若年性特発性関節炎(全身型若年性特発性関節炎)(指定難病107)

若年性特発性関節炎(全身型若年性特発性関節炎)(指定難病107)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

若年性特発性関節炎(全身型若年性特発性関節炎)(じゃくねんせいとくはつせいかんせつえん)とは、指定難病告知番号107の、免疫系疾患に分類された疾患です。

若年性特発性関節炎(全身型若年性特発性関節炎)の特徴と概要

若年性(じゃくねんせい)=16歳未満、特発性(とくはつせい)=原因不明の意味で、16歳未満の子どもさんに発症した6週間以上続く(=慢性)関節の炎症を若年性特発性関節炎、英語表記でJIA(juvenile idiopathic arthritis)と呼びます。JIAは、国際リウマチ学会(ILAR)の分類基準により7つの病型に分けられています。そのうち小児期発症特有の病型は、「全身型」、「少関節炎」、「 リウマトイド因子 陰性多関節炎」、「リウマトイド因子陽性多関節炎」で、後者3つは関節型JIAとも呼ばれます。「全身型」は、1か所以上の関節炎に2週間以上続く発熱を伴い、それに皮膚の発疹、全身のリンパ節の腫れ、肝臓や脾臓の腫れ、漿膜炎のいずれかがあるものをさします。「少関節炎」は、発症6か月以内の関節炎が1~4か所にとどまるもので、関節炎が全経過を通して4か所以下の“持続型”と、発症6か月以降に5か所以上に増える“進展型”に分けられます。「リウマトイド因子陰性多関節炎」「リウマトイド因子陽性多関節炎」は、発症6か月以内の関節炎が5か所以上に見られるもので、それぞれリウマトイド因子が陰性または陽性のものです。リウマトイド因子とは、ヒトのもつ免疫グロブリンG(IgG)に対する 自己抗体 で、リウマチ性疾患の患者さんの血液中にしばしば見られます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

若年性特発性関節炎(全身型若年性特発性関節炎)(指定難病107)