マリネスコ・シェーグレン症候群(指定難病112)

マリネスコ・シェーグレン症候群(指定難病112)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マリネスコ・シェーグレン症候群(まりねすこしぇーぐれんしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号112の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

マリネスコ・シェーグレン症候群の特徴と概要

マリネスコ・シェーグレン症候群(MSS)とは、発育・発達が遅れる、からだのバランスがうまくとれない、筋肉の力が弱い、知能低下、白内障、などの症状を乳幼児期から示す病気です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

マリネスコ・シェーグレン症候群(指定難病112)