アイザックス症候群(指定難病119)

アイザックス症候群(指定難病119)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アイザックス症候群(あいざっくすしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号119の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

アイザックス症候群の特徴と概要

持続性の手足や体幹の筋けいれん(筋肉のつり)、ミオキミア(波打つ様な筋の動き)を特徴とする病気です。またニューロミオトニア(手指や足趾の開排制限:グーを握った後になかなかパーが出来ない)を伴います。そのほかに、著明な発汗、手足の焼け付く様な痛みや異常感覚を伴うこともあります。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

アイザックス症候群(指定難病119)