ペリー症候群(指定難病126)

ペリー症候群(指定難病126)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ペリー症候群(ぺりーしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号126の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

ペリー症候群の特徴と概要

ペリー症候群は遺伝性のパーキンソン病です。発病前に運動あるいは精神の発達に問題はありません。発病は40歳代が多く、うつあるいは無気力などの精神症状で始まり、徐々にパーキンソン症状として動作が遅くなる(動作緩慢)、筋が硬くなる(筋強剛)、歩行は前かがみになり歩幅が狭くなる(小刻み歩行)、バランスが悪くなる(姿勢反射障害)などの症状が出てきます。これらの症状と並行して体重が極端に減少することが多く、1年間に10kg程度の体重減少がみられることも稀でありません。この病気が進行すると夜間に無呼吸が生じます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

ペリー症候群(指定難病126)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る