ビッカースタッフ脳幹脳炎(指定難病128)

ビッカースタッフ脳幹脳炎(指定難病128)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビッカースタッフ脳幹脳炎(びっかーすたっふのうかんのうえん)とは、指定難病告知番号128の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

ビッカースタッフ脳幹脳炎の特徴と概要

急に物が二重に見えたり、ふらついて歩けなくなったり、意識がはっきりしなくなったりする病気です。症状が出る前に、風邪をひいたり激しい下痢があったりすることが多いです。症状は1ヵ月以内に最も強くなり、それ以後は改善にむかいます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

ビッカースタッフ脳幹脳炎(指定難病128)