アイカルディ症候群(指定難病135)

アイカルディ症候群(指定難病135)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アイカルディ症候群(あいかるでぃしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号135の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

アイカルディ症候群の特徴と概要

脳梁欠損、網脈絡膜異常、てんかん(スパズム発作)を特徴とする病気です。てんかんは、生後数か月の間にけいれん発作を認めることが多く、抗けいれん薬でも管理に難渋する事があります。個人差がありますが、その他の合併症や精神運動発達障害も重度なことがあります。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

アイカルディ症候群(指定難病135)