片側巨脳症(指定難病136)

片側巨脳症(指定難病136)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

片側巨脳症(へんそくきょのうしょう)とは、指定難病告知番号136の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

片側巨脳症の特徴と概要

片側巨脳症は、先天的に片側の大脳半球が異常に大きく形成される病気で、てんかん発作、発達の遅れ、手足の麻痺などの症状を特徴とします。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

片側巨脳症(指定難病136)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る