神経細胞移動異常症(指定難病138)

神経細胞移動異常症(指定難病138)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

神経細胞移動異常症(しんけいさいぼういどういじょうしょう)とは、指定難病告知番号138の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

神経細胞移動異常症の特徴と概要

神経細胞移動異常症は、生まれつきの脳、特に大脳の形成異常です。大脳は人間でもっともよく発達しており、おおまかには①細胞産生、②細胞移動、③細胞分化の3段階の過程を経て作られます。神経細胞移動異常症は②細胞移動の異常で生じる疾病です。①細胞産生は脳の内側で細胞が増えて作られますが、神経細胞が集まっている大脳皮質は大脳の外側(表面)にあるため、内側から外側に移動しなくてはなりません。細胞の正しい移動によって6層の大脳皮質が作られ、脳の表面積が増えることによって、きまったパターンで大脳の表面にたくさんの「しわ」ができあがります。しわの出っぱり部分を脳回、くぼんでいる部分を脳溝とよびます。神経細胞移動異常症では、6層の正常な大脳皮質が作られなくなり、しわのパターンが変化して、脳回の大きさや脳溝の深さに異常が生じます。
神経細胞移動異常症には、脳のかたちが異なるさまざまな疾病が含まれます。
①神経細胞移動異常症の代表的な疾患である滑脳症は、表面が滑らかな脳の病気(症)であり、脳のしわ(脳回と脳溝)の数が少なくなって、平滑になった状態です。脳回の作られ方や大脳皮質の厚さにより、無脳回、厚脳回、単純脳回に分けられます。
②異所性灰白質は、神経細胞の移動が全く行われないか途中で停止し、本来神経細胞が存在しない部位(異所性)に神経細胞の集まり(灰白質)が作られた状態です。異所性灰白質の存在部位により、皮質下帯状異所性灰白質と脳室周囲結節状異所性灰白質に分けられます。
③多小脳回は、小さな脳回がたくさん入り組んで集まった状態です。
④敷石様皮質異形成:神経細胞とグリア細胞が脳表面の停止線を越えて移動し、脳の表面を突き破って新たな脳回をつくり、脳の表面が石をしきつめたようなごつごつした外観を示します。
⑤裂脳症:脳の一部が割れて、表面の大脳皮質が内側の側脳室に到達し、境界部分に多小脳回がみられます。
⑥孔脳症:生まれつき脳室との交通を有する 嚢胞 または空洞がみられ、脳の表面に達している場合もあります。裂脳症と異なり、多小脳回は伴いません。
⑦脳梁欠損:左右の大脳半球を連絡する線維で結ばれている脳梁の一部または全部が、生まれつき失われている状態です。脳梁が薄いだけの場合は脳梁欠損に含まれません。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

神経細胞移動異常症(指定難病138)