先天性大脳白質形成不全症(指定難病139)

先天性大脳白質形成不全症(指定難病139)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先天性大脳白質形成不全症(せんてんせいだいのうはくしつけいせいふぜんしょう)とは、指定難病告知番号139の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

先天性大脳白質形成不全症の特徴と概要

先天性大脳白質形成不全症は、脳の白質という部分の発達がうまくいかないことが原因で起こるこどもの脳の病気の総称です。この中には現在11種類の病気があることがわかっています。最も頻度が高い病気はペリツェウス・メルツバッハ病という病気です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

先天性大脳白質形成不全症(指定難病139)