レノックス・ガストー症候群(指定難病144)

レノックス・ガストー症候群(指定難病144)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

レノックス・ガストー症候群(れのっくすがすとーしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号144の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

レノックス・ガストー症候群の特徴と概要

レノックス・ガストー症候群は、フランスのてんかん学の大家、LennoxとGastautにより、特徴がまとめられたてんかんの1種です。幼児期から小児期に発症し、特徴的なてんかん発作が何種類も出現し、脳波検査も独特の異常な波が出現します。発作は難治に経過することが多く、知的障害も、ほぼ全例に出現する疾患です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

レノックス・ガストー症候群(指定難病144)