ウエスト症候群(指定難病145)

ウエスト症候群(指定難病145)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ウエスト症候群(うえすとしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号145の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

ウエスト症候群の特徴と概要

乳児期に起こる悪性のてんかんで別名「点頭てんかん」とも呼ばれ、多くは重篤な脳障害を背景に生後3-11ヵ月時に発症します。てんかん発作は、てんかん性スパズム、別名「点頭発作」と呼ばれる特異な発作です。また脳波検査でヒプスアリスミアと呼ばれる特徴的なてんかん性異常波があり、多くの患者では精神運動発達の遅れを認めます。既知の小児難治てんかんの中では最も多いとされています。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

ウエスト症候群(指定難病145)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る