色素性乾皮症(指定難病159)

色素性乾皮症(指定難病159)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)とは、指定難病告知番号159の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

色素性乾皮症の特徴と概要

露光部の皮膚にしみがたくさん生じ、皮膚が乾燥し、皮膚がんが普通の人の数千倍多く生じる病気で、半数以上の患者さんで神経症状が現れます。また多くの患者さんで日に当たると異常に激しい日焼けの反応が生じ、それが引くのに1−2週間かかります。この病気にはA-G群とV型の8つの病型が知られていますが、それらの症状はどの病型かによってもその程度や現れ方が異なります。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

色素性乾皮症(指定難病159)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る