先天性魚鱗癬(指定難病160)

先天性魚鱗癬(指定難病160)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先天性魚鱗癬(せんてんせいぎょりんせん)とは、指定難病告知番号160の、皮膚・結合組織疾患に分類された疾患です。

先天性魚鱗癬の特徴と概要

先天性魚鱗癬は、先天的異常により皮膚のバリア機能が障害され、胎児の時から皮膚の表面の角層が非常に厚くなる病気です。出生時、あるいは、新生児期に、全身または広範囲の皮膚が厚い角質に覆われます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

先天性魚鱗癬(指定難病160)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る