類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む。)(指定難病162)

類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む。)(指定難病162)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む。)(るいてんぽうそう(こうてんせいひょうひすいほうしょうをふくむ))とは、指定難病告知番号162の、皮膚・結合組織疾患に分類された疾患です。

類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む。)の特徴と概要

類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む。)は、皮膚の表皮と真皮の境にある基底膜部のタンパクに対する自己抗体により、皮膚や粘膜に水疱(水ぶくれ)やびらん、紅斑(赤い皮疹)を生じる自己免疫性水疱症です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む。)(指定難病162)