多系統萎縮症(1)線条体黒質変性症(指定難病17-1)

多系統萎縮症(1)線条体黒質変性症(指定難病17-1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

多系統萎縮症(1)線条体黒質変性症(たけいとういしゅくしょう せんじょうたいこくしつへんせいしょう)とは、指定難病告知番号17-1の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

多系統萎縮症(1)線条体黒質変性症の特徴と概要

最初パーキンソン病の症状に似ていますが、やがてフラツキや排尿障害などが出現して、抗パーキンソン病薬も効きにくい病気で多系統萎縮症という疾患の一つの病型です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

多系統萎縮症(1)線条体黒質変性症(指定難病17-1)