多系統萎縮症(2)オリーブ橋小脳萎縮症(指定難病17)(指定難病17-2)

多系統萎縮症(2)オリーブ橋小脳萎縮症(指定難病17)(指定難病17-2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

多系統萎縮症(2)オリーブ橋小脳萎縮症(指定難病17)(たけいとういしゅくしょう おりーぶきょうしょうのういしゅくしょう)とは、指定難病告知番号17-2の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

多系統萎縮症(2)オリーブ橋小脳萎縮症(指定難病17)の特徴と概要

多系統萎縮症のなかで、起立歩行のふらつきなどの小脳症状で発病し、それを主な症状として経過するものをオリーブ橋小脳萎縮症と呼んでいます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

多系統萎縮症(2)オリーブ橋小脳萎縮症(指定難病17)(指定難病17-2)