低ホスファターゼ症(指定難病172)

低ホスファターゼ症(指定難病172)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

低ホスファターゼ症(ていほすふぁたーぜしょう)とは、指定難病告知番号172の、骨・関節系疾患に分類された疾患です。

低ホスファターゼ症の特徴と概要

アルカリホスファターゼという酵素の異常により骨の石灰化が障害され、骨が弱くなる病気です。けいれんを起こす患者さんや、乳歯が早く抜けてしまう患者さんもいます。重症度や発症年齢には幅があり、無治療では生存が難しい重症の患者さんからほとんど症状のない患者さんまでいます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

低ホスファターゼ症(指定難病172)