那須・ハコラ病(指定難病174)

那須・ハコラ病(指定難病174)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

那須・ハコラ病(なすはこらびょう)とは、指定難病告知番号174の、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群に分類された疾患です。

那須・ハコラ病の特徴と概要

那須・ハコラ病は1970年代に、信州大学の那須毅博士とフィンランドKuopio(クオピオ)大学のPanu Hakola博士により、ほぼ同時に発見された骨と脳の病気です。発見者の連名が病名になっています。骨には 嚢胞 (のうほう)と呼ばれる空洞の構造がたくさん出来て、骨折しやすくなります。脳は大脳の白質(はくしつ)と呼ばれる場所が変性(へんせい)を起こしてもろくなり、正常な脳の活動が妨げられるようになります。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

那須・ハコラ病(指定難病174)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る