歌舞伎症候群(指定難病187)

歌舞伎症候群(指定難病187)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歌舞伎症候群(かぶきしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号187の、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群に分類された疾患です。

歌舞伎症候群の特徴と概要

特徴的な顔貌をもつ先天性疾患の一つです。歌舞伎症候群と名付けられたのは、切れ長の目が特徴で、下眼瞼外側1/3が外反(裏返って眼瞼が外にめくれている様子)していて、歌舞伎役者の化粧(隈取(くまどり))を連想させることから、この名前がつけられています。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

歌舞伎症候群(指定難病187)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る