エマヌエル症候群(指定難病204)

エマヌエル症候群(指定難病204)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エマヌエル症候群(えまぬえるしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号204の、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群に分類された疾患です。

エマヌエル症候群の特徴と概要

私たちの体はすべて細胞でできています。1つ1つの細胞には核という場所があり、生きていくために必要な体の構成成分の設計図である約2万種類の遺伝子の集合である「染色体」が収められています。ヒトは、23本の染色体を2セット、合計46本の染色体をもっています。このうち、男性、女性共通の22本の染色体には、1番から22番までの番号が付けられており、常染色体と呼んでいます。一方、男女それぞれに特有な染色体のXとYは性染色体と呼び、男性はXとYを1本ずつ、女性はXを2本もっています。常染色体、性染色体ともに、それらの数が増えたり、足りなくなったりすると病気がおこります。また同様に、染色体の一部分が失われたり、あるいは多すぎたりしても病気の原因になることがあります。
ときどき、ある染色体の一部分が、ほかの染色体の一部分と入れかわることがあります。これを転座染色体と呼びます。染色体の一部分がお互いに入れかわっていると、全体としては遺伝子の量には過不足がないので、多くの場合は症状が出ず、また本人すら気づくこともありません。このような転座染色体をもつ方を転座 保因者 と呼びます。ところが、転座保因者がお子様をもうけようとする時、流産をくり返したり不妊になることがあります。卵子もしくは精子がつくられる時に細胞が2つに分かれる細胞分裂を起こしますが、その時に染色体も2つの細胞に分配されます。しかし、転座染色体があると、染色体の分配の仕方によっては遺伝子の過不足を生じることがあります。そのような卵子、精子が受精した場合には、流産になったり、染色体の病気の児の出生となります。もちろん、染色体の分配にはいろいろなパターンがあり、健康な児となることもあります。
染色体の転座はさまざまな染色体の間や位置で生じます。11番と22番が転座した染色体をもつ転座保因者の場合、多くの場合は流産となりますが、一部のお子様は46本の染色体に22番転座派生染色体が加わった合計47本の染色体をもって生まれることができ、その場合にエマヌエル症候群という染色体の病気になります。
エマヌエル症候群は、古くは22番過剰派生染色体症候群、11/22混合トリソミー、部分トリソミー11/22などと呼ばれていましたが、長年、この転座の研究を行ってきた米国のエマヌエル博士にちなんで、2004年にエマヌエル症候群と名づけられました。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

エマヌエル症候群(指定難病204)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る