脆弱X症候群(指定難病206)

脆弱X症候群(指定難病206)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脆弱X症候群(ぜいじゃくえっくすしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号206の、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群に分類された疾患です。

脆弱X症候群の特徴と概要

脆弱X症候群は、大きな耳、長い顔などの身体の特徴があり知能の障害や行動の異常がある遺伝性の病気の1つです。しかし、身体的な特徴はわかりにくく知能の障害をもつ病気は多いために、症状だけからは診断が難しい病気です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

脆弱X症候群(指定難病206)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る