単心室症(指定難病210)

単心室症(指定難病210)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

単心室症(たんしんしつしょう)とは、指定難病告知番号210の、循環器系疾患に分類された疾患です。

単心室症の特徴と概要

単心室症とは、体循環と肺循環の双方を、機能的に一つの心室のみに依存する血行動態を有する疾患です。「単心室」とは形態として心室が一つしかないということを意味するのではありません。心室内壁の形状で、右室型、左室型と、分類不能型とに分類されます。単心室症には、肺動脈狭窄・閉鎖、大動脈縮窄・離断、総肺静脈還流異常、無脾・多脾などを合併します。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

単心室症(指定難病210)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る