ギャロウェイ・モワト症候群(指定難病219)

ギャロウェイ・モワト症候群(指定難病219)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ギャロウェイ・モワト症候群(ぎゃろうぇいもわとしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号219の、腎・泌尿器系疾患に分類された疾患です。

ギャロウェイ・モワト症候群の特徴と概要

腎臓と脳神経の2つの臓器の発達および形成異常に基づき、腎機能障害(ネフローゼ、腎不全)と中枢神経障害(てんかん、精神運動発達遅滞)を合併する、先天性疾患です。疾患名は1968年最初に症例を報告した、英国小児科医2名の名前(GallowayとMowat)に由来しています。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

ギャロウェイ・モワト症候群(指定難病219)