紫斑病性腎炎(指定難病224)

紫斑病性腎炎(指定難病224)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

紫斑病性腎炎(しはんびょうせいじんえん)とは、指定難病告知番号224の、腎・泌尿器系疾患に分類された疾患です。

紫斑病性腎炎の特徴と概要

紫斑(紫紅色~暗紫褐色の点状~斑状の皮下出血)を伴い発症する腎炎です。体内の小さな血管(毛細血管)にIgAという免疫グロブリンが沈着することにより発症するタイプの血管炎(以前はヘノッホ・シェーライン紫斑病と呼ばれ、現在はIgA血管炎と名称が変わりました)の罹患に伴い発症する腎炎です。IgA血管炎・ヘノッホ・シェーライン紫斑病の約50%に合併することが示されています。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

紫斑病性腎炎(指定難病224)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る