間質性膀胱炎(ハンナ型)(指定難病226)

間質性膀胱炎(ハンナ型)(指定難病226)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

間質性膀胱炎(ハンナ型)(かんしつせいぼうこうえん(はんながた))とは、指定難病告知番号226の、腎・泌尿器系疾患に分類された疾患です。

間質性膀胱炎(ハンナ型)の特徴と概要

間質性膀胱炎とは、膀胱に原因が不明の炎症がおこり、それによって尿が近い、膀胱や尿道に違和感や痛みがおこる、などのつらい症状がでる病気です。病気のタイプからハンナ型と非ハンナ型に分かれます。ハンナ型では、膀胱の内視鏡でハンナ病変と呼ばれる特有の異常がみられます。難病に指定されているのはこのハンナ型で、その中でも特に症状が悪い方です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

間質性膀胱炎(ハンナ型)(指定難病226)