オスラー病(指定難病227)

オスラー病(指定難病227)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オスラー病(おすらーびょう)とは、指定難病告知番号227の、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群に分類された疾患です。

オスラー病の特徴と概要

オスラー病は、遺伝性出血性末梢血管拡張症あるいは遺伝性出血性毛細血管拡張症とも呼ばれる疾患で、全身の血管に異常(血管奇形)がおこり、その結果、出血症状があらわれる遺伝性の疾患です。症状はまちまちですが、この病気の遺伝子は、それを持つ親から子へと伝わります(遺伝します)。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

オスラー病(指定難病227)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る