副甲状腺機能低下症(指定難病235)

副甲状腺機能低下症(指定難病235)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかしょう)とは、指定難病告知番号235の、内分泌系疾患に分類された疾患です。

副甲状腺機能低下症の特徴と概要

副甲状腺からは、血液中カルシウム濃度の維持に欠かせない副甲状腺ホルモンが分泌されます。副甲状腺機能低下症は、この副甲状腺ホルモンの分泌が低下することにより、副甲状腺ホルモンの作用が低下し、血中のカルシウム濃度の低下やリン濃度の上昇などがもたらされる疾患の総称です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

副甲状腺機能低下症(指定難病235)