巨大静脈奇形(頚部口腔咽頭びまん性病変)(指定難病279)

巨大静脈奇形(頚部口腔咽頭びまん性病変)(指定難病279)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

巨大静脈奇形(頚部口腔咽頭びまん性病変)(きょだいじょうみゃくきけい(けいぶこうくういんとうびまんせいびょうへん))とは、指定難病告知番号279の、循環器系疾患に分類された疾患です。

巨大静脈奇形(頚部口腔咽頭びまん性病変)の特徴と概要

巨大静脈奇形(頚部口腔咽頭びまん性病変)は、頚部・口腔・咽頭の全領域に広く連続性に発症する巨大腫瘤性の静脈形成異常です。静脈奇形は胎生期における脈管形成の異常であり先天異常ですが、学童期や成人後の後天的な発症も少なくありません。気道圧迫、摂食・嚥下困難など生命に影響を及ぼし、さらに重要な神経、血管や主要臓器と絡み合って治療困難です。また進行に伴い血液凝固異常や心不全、致死的出血などをきたすことがあります。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

巨大静脈奇形(頚部口腔咽頭びまん性病変)(指定難病279)