後天性赤芽球癆(指定難病283)

後天性赤芽球癆(指定難病283)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

後天性赤芽球癆(こうてんせいせきがきゅうろう)とは、指定難病告知番号283の、血液系疾患に分類された疾患です。

後天性赤芽球癆の特徴と概要

骨髄における造血幹細胞(赤血球、白血球および血小板を造りだすもとになる細胞)の増殖や分化の障害によって、赤血球が選択的に造られなくなる病気で、貧血を来たします。後天性とは生まれた後に発生した原因によって病気が発症したことを意味します。赤芽球癆には急性と慢性がありますが、公費助成対象となるのは慢性の後天性赤芽球癆です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

後天性赤芽球癆(指定難病283)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る