自己免疫性後天性凝固因子欠乏症(指定難病288)

自己免疫性後天性凝固因子欠乏症(指定難病288)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自己免疫性後天性凝固因子欠乏症(じこめんえきせいこうてんせいぎょうこいんしけつぼうしょう)とは、指定難病告知番号288の、免疫系疾患に分類された疾患です。

自己免疫性後天性凝固因子欠乏症の特徴と概要

自己免疫性後天性凝固因子欠乏症は、血が固まる(凝固)ために必要なタンパク質である凝固因子(たとえば第VIII/8やV/5、XIII/13、フォン・ヴィレブランド因子など)に結び付く抗体(自己抗体)ができて働かなくなるため、血を止める(止血)ための血の固まり(止血栓)ができにくくなったり、脆くなって簡単に壊れやすくなり、自然に(理由もなく)あるいは軽い打撲などでさえ重い出血をする病気です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

自己免疫性後天性凝固因子欠乏症(指定難病288)