アラジール症候群(指定難病297)

アラジール症候群(指定難病297)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アラジール症候群(あらじーるしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号297の、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群に分類された疾患です。

アラジール症候群の特徴と概要

アラジール症候群は、生まれつき肝臓や心臓などさまざまな臓器に合併症を有する先天性疾患です。5つの主な症候によって診断されます。肝臓、心臓や血管、眼、椎骨、特徴的な顔の5つですが、すべての症状が必ずしもそろうわけではありません。知識の普及や原因遺伝子の発見によって、最近は軽症な患者さんが診断される場合も増えていると思われます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

アラジール症候群(指定難病297)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る