黄斑ジストロフィー(指定難病301)

黄斑ジストロフィー(指定難病301)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

黄斑ジストロフィー(おうはんじすとろふぃー)とは、指定難病告知番号301の、視覚系疾患に分類された疾患です。

黄斑ジストロフィーの特徴と概要

眼球の奥には光を感知する神経のフィルムがあり、網膜(もうまく)と呼ばれています。さらに網膜の中心には黄斑(おうはん)と呼ばれる場所があり、良好な視力を得るために特に重要な役割をしています。黄斑部は非常に繊細な構造をしているために、多くの疾患が生じやすい部位でもあります。
黄斑ジストロフィーとは、遺伝学的な原因によって網膜の黄斑部がゆっくりと障害され、両眼の視力低下や視野異常を生じる病気の総称です(下図)。障害される視細胞の種類や関連する遺伝子によって、スタルガルト病、錐体杆体ジストロフィー、卵黄状黄斑ジストロフィー(ベスト病)、X連鎖性若年網膜分離症、オカルト黄斑ジストロフィー、中心性輪紋状網脈絡膜萎縮など、いくつかの代表疾患に分類されています。しかし実際には、上記の分類に入らない黄斑ジストロフィー(分類不能の黄斑ジストロフィー)も多く見られます。このような分類不能の黄斑ジストロフィーも、代表疾患と同様に厚生労働省の難病指定を受けることができます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

黄斑ジストロフィー(指定難病301)