遅発性内リンパ水腫(指定難病305)

遅発性内リンパ水腫(指定難病305)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

遅発性内リンパ水腫(ちはつせいないりんぱすいしゅ)とは、指定難病告知番号305の、耳鼻科系疾患に分類された疾患です。

遅発性内リンパ水腫の特徴と概要

遅発性内リンパ水腫とは、突発性または発症時期がわからない高度の難聴が先に発症し、その数年から数十年の後にぐるぐる回るめまい(回転性めまい)を繰り返す病気です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

遅発性内リンパ水腫(指定難病305)