カナバン病(指定難病307)

カナバン病(指定難病307)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カナバン病(かなばんびょう)とは、指定難病告知番号307の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

カナバン病の特徴と概要

1931年にCanavan博士により初めて報告された稀な遺伝病です。患者さんの多くは精神・運動発達の遅れがあり、頭囲が大きく、視神経の萎縮により視力に問題が生じ、徐々に神経症状が進行していきます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

カナバン病(指定難病307)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る