膠様滴状角膜ジストロフィー(指定難病332)

膠様滴状角膜ジストロフィー(指定難病332)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

膠様滴状角膜ジストロフィー(こうようてきじょうかくまくじすとろふぃー)とは、指定難病告知番号332の、視覚系疾患に分類された疾患です。

膠様滴状角膜ジストロフィーの特徴と概要

膠様滴状角膜ジストロフィー(gelatinous drop-like corneal dystrophy)は、遺伝子の異常が原因で起こる進行性の病気で、眼の黒目部分にある角膜と呼ばれる透明な膜のうち、角膜実質層にアミロイドが沈着することで混濁し、羞明や視力低下をきたす病気です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

膠様滴状角膜ジストロフィー(指定難病332)