ハッチンソン・ギルフォード症候群(指定難病333)

ハッチンソン・ギルフォード症候群(指定難病333)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ハッチンソン・ギルフォード症候群(はっちんそんぎるふぉーどしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号333の、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群に分類された疾患です。

ハッチンソン・ギルフォード症候群の特徴と概要

1886年にJonathan Hutchinsonと1897年にHasting Gilfordが報告したことから命名された疾患です。遺伝性早老症の中でも特に症状が重い疾患で、動脈硬化による重篤な脳や心臓の血管障害が10歳台で起こることが多く、平均寿命は14。6歳と報告されています。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

ハッチンソン・ギルフォード症候群(指定難病333)