膿疱性乾癬(汎発型)(指定難病37)

膿疱性乾癬(汎発型)(指定難病37)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

膿疱性乾癬(汎発型)(のうほうせいかんせん(はんぱつがた))とは、指定難病告知番号37の、皮膚・結合組織疾患に分類された疾患です。

膿疱性乾癬(汎発型)の特徴と概要

「乾癬(かんせん)」という皮膚病のうち、発熱や皮膚の発赤とともに「膿疱(のうほう~皮膚に膿がたまったもの)」がたくさん出現する病型を「膿疱性乾癬」と呼び、尋常性(じんじょうせい)乾癬(最も多いタイプの乾癬)と区別しています。膿疱は血液中の白血球が集まったものですが、細菌感染ではありません(無菌性膿疱と呼ばれます)ので、他人に伝染する心配はありません。
膿疱性乾癬はさらにいくつかの病型に区別されます。膿疱性乾癬の皮疹が、体の一部だけ(手のひら、足の裏、指先など)にみられる病型(限局型と呼ばれます)や、環状の乾癬皮疹に小膿疱が混じる病型があります。また、尋常性乾癬の患者さんに一時的に膿疱を生じることがあります。これらの病型は、通常、全身症状は軽度で、一時的であるため特定疾患の対象外です。
一方、発熱、全身倦怠感、発赤や四肢のむくみとともに全身に膿疱が出現する重症な病型があります。このような病型は「膿疱性乾癬(汎発型)」と呼ばれます。また、妊娠中に生じる膿疱性乾癬(汎発型)は、「疱疹状膿痂疹(ほうしんじょうのうかしん)」という病名で呼ばれることがあります。これらは特定疾患の受給対象です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

膿疱性乾癬(汎発型)(指定難病37)