バージャー病(指定難病47)

バージャー病(指定難病47)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バージャー病(ばーじゃーびょう)とは、指定難病告知番号47の、免疫系疾患に分類された疾患です。

バージャー病の特徴と概要

Leo Buergerによって初めて報告されたことから、報告者の名前をつけてバージャー病(英語読み)、あるいはビュルガー病(ドイツ語読み)と名づけられた病気で、閉塞性血栓血管炎(thromboangiitis obliterans、略してT.A.O.)と呼ばれることもあります。四肢の末梢血管に閉塞をきたす疾患で、その結果、四肢や指趾の虚血症状(血液が十分供給されないためにおこる組織の低酸素症状)が起こる病気です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

バージャー病(指定難病47)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る