ベーチェット病(指定難病56)

ベーチェット病(指定難病56)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ベーチェット病(べーちぇっとびょう)とは、指定難病告知番号56の、免疫系疾患に分類された疾患です。

ベーチェット病の特徴と概要

ベーチェット病(Behçet’s disease)は口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患です。トルコのイスタンブール大学皮膚科Hulsi Behçet教授が初めて報告し、この名がつけられました。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

ベーチェット病(指定難病56)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る