IgA 腎症(指定難病66)

IgA 腎症(指定難病66)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

IgA 腎症(あいじーえいじんしょう)とは、指定難病告知番号66の、腎・泌尿器系疾患に分類された疾患です。

IgA 腎症の特徴と概要

IgA腎症は、検尿で血尿や蛋白尿を認め、腎臓の糸球体に免疫グロブリンのIgAという蛋白が沈着する病気で多くは慢性の経過をたどります。従って腎臓の組織を一部採取し、顕微鏡で調べる検査(腎生検)で診断されます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

IgA 腎症(指定難病66)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る