黄色靱帯骨化症(指定難病68)

黄色靱帯骨化症(指定難病68)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

黄色靱帯骨化症(おうしょくじんたいこっかしょう)とは、指定難病告知番号68の、骨・関節系疾患に分類された疾患です。

黄色靱帯骨化症の特徴と概要

黄色靱帯骨化症とは脊髄(神経)の後ろにある黄色靱帯という靭帯が、骨になってだんだん大きくなってしまい神経を圧迫して、おもに足の麻痺を起こす病気です。足のしびれや、歩きにくさ、膀胱の働きが悪くなります。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

黄色靱帯骨化症(指定難病68)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る