広範脊柱管狭窄症(指定難病70)

広範脊柱管狭窄症(指定難病70)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

広範脊柱管狭窄症(こうはんせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、指定難病告知番号70の、骨・関節系疾患に分類された疾患です。

広範脊柱管狭窄症の特徴と概要

広範脊柱管狭窄症とは頚椎、胸椎、腰椎の広範囲にわたり脊柱管が狭くなり、脊髄神経の障害を引き起こす病気です。頚椎部、胸椎部または腰椎部のうち、いずれか2カ所以上の脊柱管狭小化による神経症状により日常生活が大きく影響されることが診断の条件です。頚椎と胸椎の移行部または胸椎と腰椎の移行部のいずれか一カ所のみの狭小化は除かれます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

広範脊柱管狭窄症(指定難病70)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る