下垂体性ADH分泌異常症(指定難病72)

下垂体性ADH分泌異常症(指定難病72)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

下垂体性ADH分泌異常症(かすいたいせいえいでぃーえいちぶんぴいじょうしょう)とは、指定難病告知番号72の、内分泌系疾患に分類された疾患です。

下垂体性ADH分泌異常症の特徴と概要

ADHは尿量を少なくする作用を有するホルモンで、抗利尿ホルモンあるいはバソプレシンとも呼ばれます。血液中のADHが少なくなると尿量が増加し、逆にADHが増加すると尿量が減少します。こうした尿量の調整は体にとって大変重要で、例えばのどが渇くような脱水状態では血液中のADHは増加して体に水分を保持する機構が働きますし、水分を必要以上に摂取した際にはADHが低下して余分な水分を尿として排泄します。
「下垂体性ADH分泌異常症には血液中のADHが低下する中枢性尿崩症と、ADHが増加するSIADHがあります。中枢性尿崩症では尿量が増加するとともに、のどが渇き、大量の水分を摂取するようになります。一方、SIADHでは体内に水分が貯留するため血液中のナトリウムが薄まり、低ナトリウム血症を呈します。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

下垂体性ADH分泌異常症(指定難病72)