下垂体性PRL分泌亢進症(指定難病74)

下垂体性PRL分泌亢進症(指定難病74)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

下垂体性PRL分泌亢進症(かすいたいせいぴーあーるえるぶんぴこうしんしょう)とは、指定難病告知番号74の、内分泌系疾患に分類された疾患です。

下垂体性PRL分泌亢進症の特徴と概要

プロラクチノーマは、乳汁分泌の作用があるホルモンであるプロラクチンが過剰に産生される下垂体腫瘍です。高プロラクチン血症により月経異常や不妊症となり、妊娠・出産していないのに乳汁漏出がみられます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

下垂体性PRL分泌亢進症(指定難病74)