クッシング病(指定難病75)

クッシング病(指定難病75)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クッシング病(くっしんぐびょう)とは、指定難病告知番号75の、内分泌系疾患に分類された疾患です。

クッシング病の特徴と概要

副腎皮質ステロイドホルモンの1つであるコルチゾールというホルモンが過剰に分泌され、満月様顔貌や中心性肥満など特徴的な症状を示す病気をクッシング症候群といいます。このコルチゾールは生きて行くのに不可欠なステロイドホルモンで、下垂体から出てくるACTHというホルモンによって促進されます。ACTHは、さらに上位の脳にある視床下部から分泌されるCRHというホルモンの調節を受けています。この視床下部CRH-下垂体ACTH-副腎コルチゾール系の中で、結果的に副腎のコルチゾールが過剰に産生・分泌され特徴的な症状を示す状態をクッシング症候群といいます。クッシング症候群の中にもいくつか原因があります。ACTHが過剰に分泌され、その結果コルチゾールが増える状態をACTH 依存性 クッシング症候群といいます。さらにこの中で下垂体に原因がありACTHを過剰に出す病気をクッシング病、下垂体以外からACTHが過剰に分泌される病気を異所性ACTH症候群といいます。一方、副腎が原因でコルチゾールを過剰に分泌する状態をACTH 非依存性 クッシング症候群または副腎性クッシング症候群といいます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

クッシング病(指定難病75)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る