下垂体性成長ホルモン分泌亢進症(指定難病77)

下垂体性成長ホルモン分泌亢進症(指定難病77)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

下垂体性成長ホルモン分泌亢進症(かすいたいせいせいちょうほるもんぶんぴこうしんしょう)とは、指定難病告知番号77の、内分泌系疾患に分類された疾患です。

下垂体性成長ホルモン分泌亢進症の特徴と概要

先端巨大症は「アクロメガリー」とも呼ばれ、額、鼻やあご、手足など体の先端が肥大する病気です。思春期までに発症すると巨人症になります。頭痛や高血圧、糖尿病、いびき、多汗などの症状を伴います。しかし外見の変化はゆっくりと進むので本人や家族は気づかないことがあります。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

下垂体性成長ホルモン分泌亢進症(指定難病77)