ハンチントン病(指定難病8)

ハンチントン病(指定難病8)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ハンチントン病(はんちんとんびょう)とは、指定難病告知番号8の、神経・筋疾患に分類された疾患です。

ハンチントン病の特徴と概要

常染色体優性遺伝型式を示す遺伝性の神経変性疾患で、舞踏運動などの不随意運動、精神症状、行動異常、認知障害などを臨床像の特徴とします。これらの症状はいつのまにか始まり、ゆっくり進行します。舞踏運動というのは、体が自分の意志がないのに動いてしまう運動の一つを指します。これらの症状は脳の特定の部分である大脳基底核や大脳皮質が萎縮してしまうために生じます。これらの変化はCTやMRI等の画像検査でみることができます。最近、ある遺伝子に異常が起こることが発症に関係することが明らかとなりました。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

ハンチントン病(指定難病8)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る