特発性門脈圧亢進症(指定難病92)

特発性門脈圧亢進症(指定難病92)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

特発性門脈圧亢進症(とくはつせいもんみゃくあつこうしんしょう)とは、指定難病告知番号92の、消化器系疾患に分類された疾患です。

特発性門脈圧亢進症の特徴と概要

肝臓や門脈(小腸からの栄養分を多く含む肝臓に流入する血管)に特別な病変が存在しないにもかかわらず、門脈の圧が上昇し、食道静脈瘤が発生したり、脾臓の腫大、貧血等の症状を呈する疾患のことです。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

特発性門脈圧亢進症(指定難病92)