慢性特発性偽性腸閉塞症(指定難病99)

慢性特発性偽性腸閉塞症(指定難病99)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

慢性特発性偽性腸閉塞症(まんせいとくはつせいぎせいちょうへいそくしょう)とは、指定難病告知番号99の、消化器系疾患に分類された疾患です。

慢性特発性偽性腸閉塞症の特徴と概要

食事の通る入り口である食道から胃、小腸・大腸などの消化管の動きが悪くなり食べた食事を消化管の中で輸送できなくなる原因不明の病気です。消化管の動きが弱くなるために腸は拡張し、吐き気や腹痛などの症状があります。ひどくなると食事を実際に吐いてしまったりするので食事ができにくくなり痩せてしまいます。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。(難病情報センターへジャンプします)

慢性特発性偽性腸閉塞症(指定難病99)